ヤマハ発、四輪車参入を断念=「投資回収は困難」と判断

経済・ビジネス

ヤマハ発動機は11日、四輪車事業への参入を断念する方針を明らかにした。2020年までの製品化に向けて開発を進めていたが、量産化を実現しても採算が合わないと判断した。

ヤマハ発は11日、19~21年の中期経営計画を発表。記者会見した日高祥博社長はこの中で、参入断念の考えを示し「投資額が大きく回収が難しい」と理由を説明した。新しいモビリティー(移動手段)の開発は続ける。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般