新型新幹線の試験車両公開=最速360キロ検証へ-JR東

社会 映像

JR東日本は12日、製造中の次世代新幹線試験車両「ALFA-X」を、川崎重工業兵庫工場(神戸市)で報道陣に公開した。2030年に予定される札幌延伸までに主に東北・北海道新幹線での新型導入を目指しており、新幹線としては世界最速の時速360キロでの営業運転などを試験車両で検証する。

試験車両は10両編成で、機能試験のため先頭の1号車と10号車を異なるデザインで設計。今回は東京寄りの1号車を公開した。車両には地震時の揺れを抑える新機能「地震対策ダンパ」を搭載し、新青森寄りの10号車など一部の台車は着雪を減らす構造にした。

公開された1号車の流線型の先端部分は、現行のE5系より1メートル長い約16メートル。10号車は約22メートルに及ぶ。トンネル突入時の圧力波を抑えつつ、室内空間も確保するデザインとした。

試験車両は来年5月に完成の予定。試験運転を通じて安全性や環境性能などのデータを集め、新型新幹線開発に生かしていく。

公開されたJR東日本の次世代新幹線の試験車両「ALFA-X」=12日午前、神戸市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

新幹線 時事通信ニュース 運輸・交通 JR東日本 北海道新幹線 東北新幹線