将棋の藤井七段が通算100勝=羽生竜王ら抜き「最年少」

社会 文化

将棋の最年少棋士の藤井聡太七段(16)が12日、東京都内で指された第27期銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)本戦で2連勝し、公式戦通算100勝を達成した。16歳4カ月は日本将棋連盟が永世称号獲得者らの記録を調べた中では最年少。通算成績は100勝18敗。

プロ入りから2年2カ月で、100勝時点の勝率は8割4分7厘。羽生善治竜王(48)の達成時17歳6カ月、プロ入り2年3カ月、中原誠十六世名人(71)の勝率8割2分6厘の記録をいずれも更新した。

藤井七段は2016年10月、史上最年少で歴代5人目の中学生棋士になった。昨年6月、デビュー戦から過去最多記録の29連勝を達成。今年2月、羽生竜王らトップ棋士を制して朝日杯将棋オープン戦で史上最年少優勝を果たした。

藤井七段の100勝達成の対局は囲碁・将棋チャンネルで来年3月5日午後8時から放送される。

公式戦通算100勝を達成し、記者会見する藤井聡太七段=12日午後、東京都渋谷区の将棋会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽