東京から新函館北斗3時間台=北海道新幹線、来春ダイヤ改正

経済・ビジネス

JR北海道は12日、北海道新幹線について、東京-新函館北斗間の所要時間を3時間58分(最速)に設定したと発表した。青函トンネル内の速度アップで現在より4分短くなり、4時間を切る。2019年春のダイヤ改正で実施する。

北海道新幹線は青函トンネルを含む約82キロの線路を貨物列車と共用しており、この区間ではすれ違う際の風圧で貨物が荷崩れを起こさないよう、最高速度を140キロに制限していた。同社は9月にトンネル内を160キロで試験的に走らせ、安全性に問題がないことを確認した。

青函トンネルを通過して東京方面へ走行する北海道新幹線=2016年8月、青森県(JR北海道提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 北海道