ヤマハ発、配車サービスで提携=アジア大手に170億円出資

経済・ビジネス

ヤマハ発動機は13日、東南アジアの配車サービス大手「グラブ」と提携し、1億5000万ドル(約170億円)を出資すると発表した。インドネシアを中心に二輪タクシー分野で協力し、成長が期待される配車サービスのノウハウを蓄積する。

具体的には、グラブのアプリを使って呼び出した二輪タクシーのドライバーを評価するシステムをヤマハ発が提供する。携帯端末のセンサーなどを使い、運転の安全度を個別に検証する仕組みを検討している。新たに二輪タクシーを始めようとするドライバー向けに、開業資金の支援も行う。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 インドネシア