富士フイルム、米拠点に100億円投資=半導体材料事業を拡大

経済・ビジネス

富士フイルムは13日、米国での半導体材料の開発・生産・販売拠点に今後3年間で約100億円を投資すると発表した。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)、次世代の高速通信規格「5G」の普及などで半導体需要の拡大と高性能化が見込まれることから、半導体材料の供給体制を強化するのが狙い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 米国