トトロ、中国全土で上映=公開から30年、正式配給

社会 文化

【上海時事】30年前に公開された宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」の上映が14日、中国各地の映画館で始まった。中国でスタジオジブリの作品が正式配給されるのは初めて。

中国で宮崎アニメのファンは多いが、外国映画の本数規制などから公開は見送られてきた。海賊版DVDなどで親しんだ人も多く、インターネット交流サイト(SNS)では「ようやく映画館で鑑賞できるようになった」など、歓迎コメントが相次いでいる。

トトロは中国で「龍猫」と名付けられた。10日の上映宣伝イベントに参加したジブリの星野康二会長によると、8年前から中国上映を目指し、準備を進めてきた。上海市内の映画館を訪れた会社役員の50代女性は「DVDで見たことがあるが、正式輸入されたので映画館に来た。描かれた自然を見て、子ども時代を思い出した」と語った。

10日、上海で開かれたトトロ上映宣伝イベントに出席したスタジオジブリの星野康二会長(右)(配給会社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 中国