19年度成長率1.3%程度=消費税上げも、強気見通し維持-政府

政治・外交 経済・ビジネス

政府は15日までに、2019年度の経済成長率見通しを物価の変動を除いた実質で前年度比1.3%程度とする方針を固めた。来年10月に実施する消費税率10%への引き上げが、消費にマイナスに働くと予想されるが、ポイント還元やプレミアム付き商品券販売などの需要減対策が一定の景気下支えになるとみて、1%程度の潜在成長率を上回る強気の見通しを維持する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 景気動向・マクロ経済