札幌の飲食店爆発、炎上=42人負傷、重傷者も-「ガツーン」鈍い音・北海道警

社会

16日午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸の飲食店で爆発があったと119番があった。飲食店が入る2階建ての建物が炎上し、一部は倒壊。北海道警豊平署によると、重傷の男性1人を含む男女42人が負傷し、病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。消防によると、消防車など約40台で消火活動に当たり、約3時間後にほぼ消し止めた。

同署によると、炎上したのは1棟3店舗で、居酒屋「海さくら」や不動産会社が入居している。爆発の影響で建物の一部が崩壊し、周辺にも大きな被害が出たという。

重傷は不動産会社従業員の30代男性で、顔にやけどを負った。負傷者には子どもも2、3人含まれるという。同署が火元の特定や爆発の原因を調べている。

札幌市は現場近くにある施設を避難所として開放。規制線内に家があり帰宅できない人や爆発で自宅が被害を受けた近隣住人ら40~50人が訪れた。

現場近くで飲食店を営む伊藤優恵さん(57)は「午後8時半ごろ、ガツーンという車が衝突したような鈍い大きな音がした」と話した。伊藤さんが外の様子をうかがうと、居酒屋は建物がなくなっているように見えるぐらいに壊れていた。

伊藤さんによると、現場と道路を挟んで隣にある別の飲食店はガラスが全面割れていた。50メートル以上東にある公園横に止まっていた乗用車も、何かが飛んで来てぶつかったようにバンパーがへこんでいたという。

現場は札幌市営地下鉄南北線平岸駅の近くで国道に面しており、飲食店や住宅が立ち並んでいる。

消防隊員が消火活動に当たる爆発現場=16日午後9時半すぎ、札幌市豊平区平岸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 北海道 札幌市