不動産会社で爆発か=「スプレー缶抜く作業」-引火の可能性・北海道警

社会

札幌市豊平区平岸の建物で、居酒屋の客ら42人が重軽傷を負った爆発火災で、爆発は居酒屋の隣の不動産会社で起きた可能性が高いことが17日、北海道警への取材で分かった。豊平署は同日、消防と共に現場検証を実施。何らかの理由でガスが充満し、引火した可能性が高いとみて詳しい原因の特定を急ぐ。

一方、捜査関係者によると、不動産会社の関係者は「除菌消臭スプレー100本以上を処分するため、店内で缶の中身を抜く作業をしていた。手を洗おうと湯沸かし器をつけたら爆発した」と話しているという。

道警などによると、爆発は16日午後8時半ごろ、不動産会社や居酒屋など3店舗が入居する木造2階建ての建物で発生。建物はほぼ倒壊し、隣のファストフード店にも延焼した。

市消防局によると、建物の裏手にプロパンガスのボンベが計9本設置され、居酒屋には容量50キロのボンベが5本、不動産会社と整骨院に20キロボンベがそれぞれ2本あった。

不動産会社側の被害が大きく、店舗がほぼ全壊状態だったことから、道警は、爆発は不動産会社で起き、居酒屋に爆風や火災が及んだとみている。不動産会社の従業員2人が負傷し、うち男性(33)が顔面やけどなどの重傷だが、命に別条はない。居酒屋は2階の床が一部抜けて1階に落下した人もおり、客や従業員ら40人が負傷した。

数百メートル離れた所にあった車の窓ガラスが割れるなど、被害は広範囲に及んだ。

爆発火災から一夜明けた現場=17日午前、札幌市豊平区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 北海道 札幌市