消費者団体が東京医大提訴=不正入試、受験料返還求め-被害回復訴訟は初・東京地裁

社会 暮らし

東京医科大の不正入試問題で、特定適格消費者団体「消費者機構日本」(COJ)は17日、同大を相手取り、得点操作で不合格とされた受験生らに対する受験料や旅費などの返還義務があることの確認を求め、東京地裁に提訴した。

2016年10月、消費者団体が金銭的被害を受けた多数の個人に代わって訴訟を起こせる消費者裁判手続き特例法の施行以降、提訴は初めて。

訴状によると、対象者は施行より後の17、18年度に同大の一般入試やセンター試験利用入試で不合格となった女子受験生や浪人生ら。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者問題 裁判 教育