セブン、会計は「顔パス」=レジ無人化、給与天引き

経済・ビジネス

セブン-イレブン・ジャパンは17日、レジに店員を置かない「無人決済」の実験店を東京都内に開設した。NECの顔認証技術で入店などを管理し、省力化とキャッシュレス決済を実現。店員の負担軽減を図る。課題を検証しながら、客が特定できるオフィスや工場などへの出店を目指す。

実験店はNEC系企業が入居するビルにあり、従業員だけが利用できる。入店と会計の際にカメラで客の顔を検知し、登録画像を基に本人確認を行う。客自ら、商品のバーコードを「セルフレジ」で読み取らせると、代金が給与から天引きされる仕組み。本人確認は社員証でも可能だ。

レジに店員を置かないセブン―イレブン・ジャパンの「無人決済」実験店=17日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス