トヨタ、19年は1076万台=世界販売、3年連続過去最高

経済・ビジネス

トヨタ自動車は17日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2019年の世界販売台数を1076万台とする計画を発表した。18年実績見込みの1055万台を2.0%上回り、3年連続で過去最高を更新する見通し。販売好調の中国など海外をけん引役に6年連続で1000万台の大台を超える。

19年の販売台数の内訳は、国内が0.9%増の231万台、海外が2.3%増の845万台。

トヨタ本体の世界販売は1.9%増の968万台。国内は前年並みの157万台にとどまるが、海外は中国で高級車ブランド「レクサス」などが好調に推移するほか、欧州の販売も堅調で811万台と予想した。ハイブリッド車(HV)など電動車の世界販売計画は192万台(18年実績見込み163万台)とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 販売・価格改定・販促・見本市など