17の小惑星で「水」発見=天文衛星「あかり」観測で-JAXAなど

科学 社会

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と神戸大などの研究チームは17日、赤外線天文衛星「あかり」による観測で、探査機はやぶさ2が到着した小惑星「りゅうぐう」と同じ「C型」と呼ばれるタイプの小惑星17個から水が存在する証拠を発見したと発表した。論文は日本天文学会欧文研究報告電子版に掲載された。

地球に存在する水がどこから来たかは分かっておらず、小惑星が有力候補とされている。炭素を含むC型小惑星は、水を含むと考えられてきたが、直接の検出例は少なかった。

神戸大大学院の臼井文彦特命助教らは、衛星あかりを使い、C型小惑星22個を含む計66個の小惑星を赤外線で観測。水を含む鉱物(含水鉱物)がある場合には、特定の波長の赤外線だけが吸収されるため、小惑星ごとに吸収がないかを調べた。

その結果、C型小惑星17個に含水鉱物の存在を示す吸収を確認。臼井さんは「C型小惑星に確実に水があるということが初めて確かめられた。地球誕生当時はもっと小惑星が多かったと考えられており、それらが地球に水を供給した可能性はある」と話している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 宇宙 科学技術