はれのひ元社長に実刑=融資金詐取「一線越えた」-横浜地裁

社会

成人の日に晴れ着が届かないトラブルを起こした振り袖の販売・レンタル「はれのひ」(破産)をめぐり、決算書類を粉飾して銀行から金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた同社元社長篠崎洋一郎被告(56)の判決が19日、横浜地裁であった。渡辺英敬裁判長は「身勝手で強い非難に値する」と述べ、懲役2年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。

渡辺裁判長は、虚偽の決算報告書を用いた篠崎被告について「企業の経営者として守るべき一線を大きく踏み越えた」と批判。甘い見通しに基づく経営判断から財務状況の逼迫(ひっぱく)を招いたと指摘した上で、「粉飾は他の経営者も多かれ少なかれやっていると正当化した」と述べた。

弁護側は起訴内容を認め、経営を続けようとしたのは成人式に約束した顧客への思いがあったためだとして、執行猶予付き判決を求めていた。

判決によると、篠崎被告は2015年9月期の決算報告書で、実際は赤字なのに営業利益が出たと偽るなどして横浜銀行と東日本銀行に融資を申請。16年9月に両行から計約6500万円を詐取した。

はれのひは今年の成人の日直前に、横浜市内などの店舗を突然閉鎖。成人式で振り袖を着られない新成人が続出した。

篠崎洋一郎 「はれのひ」元社長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判