アルコール検知で業務禁止=数値基準、車より厳しく-パイロット飲酒・国交省検討会

社会 政治・外交

旅客機のパイロットが飲酒の影響で乗務できず、遅れが発生するなどした問題で、国土交通省の検討会は19日、国内航空各社に乗務前のアルコール検査を義務付け、検知された場合は乗務を禁止すると決めた。

また、全てのパイロットを対象に、呼気アルコール濃度の基準値を1リットル当たり0.09ミリグラム、血中濃度の基準値を同0.2グラム未満と初めて設定。国内の自動車や鉄道の呼気アルコール基準値は同0.15ミリグラムで、より厳格化した。年度内に新たに出す通達で、こうした基準の順守を各社に求める。

また、基準値に達しない場合でも、正常な運航に影響する恐れがある場合は乗務を禁止するという。一方で、飲酒禁止期間は業務8時間前以降とする従来の基準を維持した。

検査のすり抜け防止などとして、他部門の職員の立ち会いも義務化。検査情報の記録、保存や、ストローに吹き込むタイプの精度の高い検知器採用なども求める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸・交通 運輸政策