電動車いす、踏切死亡事故急増=今年既に5人、製品機構発表

社会

製品評価技術基盤機構(NITE)は20日、電動車いすが踏切で立ち往生し、乗車する高齢者が電車にはねられて死亡する事故が今年急増し、11月末時点で5人が亡くなっていたと正式に発表した。それまでの約10年間の死者は6人だった。製品機構は踏切の通行を可能な限り避けるよう呼び掛けている。

電動車いすは電動モーターで進むため、腕の力が弱くても利用できるのが特徴。道路交通法上は歩行者扱いのため運転免許が不要で、高齢者や障害を持つ人たちの重要な交通手段の一つとなっている。

同機構によると、踏切内の事故は、2009年度から18年11月末までに16件が報告されており、11人が死亡、4人が重傷を負った。消費者庁や各地の県警などによると、このうち18年1~9月に、山梨、愛知、兵庫、和歌山の4県で計5人の男女が死亡。いずれも69~90歳の高齢者だった。

踏切でタイヤが脱輪した電動車いす(製品評価技術基盤機構提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故