コンビニ売上高、2カ月ぶり増=11月、行楽需要で

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した11月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比0.6%増の7993億円となり、2カ月ぶりに増加した。気温が平年より高めで推移し、降水量が少なかったため、行楽需要で弁当類などの販売が好調だった。

来店客数は0.5%のマイナスとなった。一方、客1人当たりの平均購入額は1.1%増の609円と2カ月ぶりにプラスに転じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 販売・価格改定・販促・見本市など