プーチン氏、米ミサイル防衛に懸念=日ロ平和条約には意欲

政治・外交

【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は20日、日ロ関係に関し、米ミサイル防衛(MD)システムの日本での展開に懸念を示した。一方で「われわれは日本との平和条約締結を目指している」とも改めて強調した。モスクワでの年末恒例の記者会見で語った。

安倍晋三首相とプーチン氏は11月、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速することで一致。年明けには安倍首相の訪ロも予定されているが、北方領土問題でロシア側は日米同盟を理由に強硬姿勢を維持しそうだ。

プーチン氏は平和条約締結に際し、安全保障問題は「極めて重要」と発言。「われわれは(米国の)MDシステムの(日本での)配備計画を懸念している」と述べ、核攻撃用のミサイル発射装置に転用可能だと主張した。また、北方領土を引き渡した場合に米軍が展開する可能性について、ロシアの懸念に対する回答がなければ「(領土問題で)最も重要な決断をすることは非常に難しい」と日本側をけん制した。

会見では、沖縄県で知事や住民の反対にもかかわらず、米軍基地整備が進められていると指摘。北方領土の安保問題でもロシアの意向が無視される恐れがあると、くぎを刺したとみられる。

20日、モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 外交 ロシア 米国