羽生が27年ぶり無冠に=広瀬八段がタイトル奪取-将棋・竜王戦

社会 文化

20日から山口県下関市で指された将棋の第31期竜王戦7番勝負最終局は21日、挑戦者の先手、広瀬章人八段(31)が167手で羽生善治竜王(48)に勝ち、4勝3敗で初の竜王位を奪取した。羽生は史上初のタイトル獲得通算100期を逃し、27年ぶりの無冠に転落した。

羽生は1989年、19歳2カ月で竜王戦を制して初タイトルを獲得。翌年失冠するが91年に棋王戦を制し、以後27年にわたって1冠以上を維持し続けていた。96年には史上初めて7大タイトルを同時制覇。昨年12月には14年ぶりに竜王位を奪還し、前人未到の永世7冠の資格を得ていた。

広瀬新竜王は札幌市出身。2005年にプロ入りし、大学生だった10年に初タイトルの王位(1期)を獲得した。名人戦の順位戦では現在、A級に属するトップ棋士の一人。

今回の敗退で羽生のタイトル100期は遠のいたが、別の記録更新が視野に入る。故大山康晴十五世名人が持つ通算勝数1位の1433勝で、現在2位の羽生は1419勝であと14勝に迫っている。来年はタイトル奪還への期待と併せ、大記録への挑戦でも注目を集めそうだ。

27年ぶりに無冠となり、厳しい表情をみせる羽生善治前竜王=21日午後、山口県下関市

羽生善治前竜王に勝利した広瀬章人新竜王=21日午後、山口県下関市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽