華やかに「還暦」祝う=東京タワーが開業60周年

社会 旅と暮らし 映像

東京タワー(東京都港区)が23日、開業から60年を迎えた。タワー下では歴代の制服を紹介するファッションショーが開かれたほか、赤いちゃんちゃんこをイメージした特別なライトアップが行われ、華やかに「還暦」を祝った。

ファッションショーには、開業した1958年から現在までに案内役の女性アテンダントが着た制服全50着のうち13着が登場。このうち9着は当時の写真を基に再現した。

最後に出演者全員がカウントダウンし、「おめでとう」の声とともにタワーが真っ赤なライトに包まれた。メインデッキ(旧大展望台)の南面には午後4時から、60周年にちなんだ「60」の数字が電光表示された。

東京タワーが好きでよく訪れるという品川区の会社員、志津木あやさん(50)は「60年前は何もなかったことを考えるとびっくり。人生100年時代、まだまだ頑張ってほしい」と笑顔で話した。

開業60周年の「還暦」を祝い、ライトアップの赤い光に包まれた東京タワー=23日午後、東京都港区

東京タワー開業60周年を迎え、勢ぞろいした女性アテンダント歴代の制服=23日午後、東京都港区の東京タワー

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 東京 港区 東京タワー