iPSで角膜治療=学内審査委、臨床研究を承認-来春にも移植手術・大阪大

社会 暮らし 科学

けがや病気で角膜が傷ついた患者に対し、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った角膜の細胞を移植し、治療を目指す大阪大の西田幸二教授らのチームの臨床研究計画について、学内の審査委員会が26日、大筋で承認した。チームは今後、厚生労働省に計画を申請する方針で、認められれば来年5~6月に1例目の移植手術を行いたいとの意向を示した。

角膜は黒目の表面を覆う透明な組織。けがなどで角膜を作る幹細胞が消失すると、透明性が失われて視力が低下し、失明することもある。治療には他人の角膜を移植する方法があるが、拒絶反応やドナー不足の問題が指摘されている。

計画では、京都大iPS細胞研究所が備蓄しているiPS細胞から角膜の上皮細胞を作製。シート状にして患者の角膜の代わりに張り付け、安全性と有効性を確認する。幹細胞が消失した「角膜上皮幹細胞疲弊症」の重症患者が対象で、20歳以上の4人を予定している。

この日の審査では、厚労省への申請の際、添付資料の字句を一部修正することを条件に承認した。

iPS細胞をめぐっては、これまで目の難病患者やパーキンソン病患者への移植手術が行われたほか、心臓病や脊髄を損傷した患者を対象とした臨床研究が計画されている。

西田教授は「一般的な治療に発展させていくことが非常に大事。安全に患者さんに早く届けたい」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 科学技術(理系的) 科学技術