ファミマが独自のスマホ決済=来年夏に「ファミペイ」

経済・ビジネス

ファミリーマートがスマートフォンを使った独自の電子決済サービス「ファミペイ」を2019年7月をめどに全国の店舗に導入することが27日、分かった。キャッシュレス化で顧客利便性の向上や店員の負担軽減を図るとともに、購買データを商品開発などに活用するのが狙い。

決済時に顧客がスマホ画面にバーコードを表示させ、店員に読み取ってもらう仕組み。代金はクレジットカードから引き落とせるほか、現金をチャージして使うこともできる。「Tポイント」など他社ポイントを付与する予定だ。購入額に応じたキャッシュバックも検討しているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス