スルガ銀、前会長ら5人を追加提訴=創業家企業向け融資で32億円請求

経済・ビジネス 社会

スルガ銀行は27日、創業家の関連企業に対する不適切融資などで損害を被ったとして、岡野光喜前会長ら旧経営陣5人を相手取り、総額約32億4400万円の賠償を求める訴えを静岡地裁に起こした。関連企業に適切な審査をせずに資金を貸し付けるなどした結果、回収できない可能性が高まったという。

スルガ銀は、シェアハウス向けの不正融資問題を受け、前会長ら旧経営陣に35億円を求める損害賠償訴訟を既に起こしている。

追加提訴は、岡野前会長と当時副社長だった故岡野喜之助氏、当時の取締役3人が対象。同社調査委員会の片岡義広弁護士は27日の記者会見で、不適切融資について「故喜之助副社長が唯一全容を知り、決定していた」と述べた。

岡野光喜前会長ら旧経営陣を追加提訴し、記者会見するスルガ銀行の有国三知男社長=27日午後、静岡県沼津市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 裁判 東海