韓国の動き「大変残念」=菅官房長官

政治・外交

菅義偉官房長官は28日の記者会見で、韓国の最近の動向について、徴用工判決や自衛隊機への火器管制レーダー照射を例に挙げ、「日韓関係に否定的な動きが相次いでいることは大変残念だ」と批判した。その上で「韓国側に適切な対応を強く求めていきたい」と語った。

慰安婦問題の日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」の一方的な解散決定にも触れ、「到底受け入れることはできない」と強調。「合意の着実な実施は国際社会に対する責務だ」と指摘した。

記者会見する菅義偉官房長官=28日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 外交 韓国