竹下通りで車暴走、8人負傷=21歳男を逮捕、1人意識不明-「死刑制度への報復」

社会

1日午前0時10分ごろ、東京都渋谷区神宮前の竹下通りで「車が人をひいた」と119番があった。警視庁原宿署によると、軽自動車が歩行者を次々にはね、19~51歳の男性8人がけがをした。このうち4人が重傷で、練馬区の男子大学生(19)が意識不明という。

同署は、この大学生をはねたとして、車を運転していた住所職業不詳の日下部和博容疑者(21)を殺人未遂容疑で逮捕。「殺そうと思ってはねた。死刑制度に対する報復でやったのであり、弁解することはない」と供述しているという。

捜査関係者によると、同容疑者は当初、「テロを起こした」という趣旨の話もしていたとみられる。同庁は2日午前、同容疑者を送検。さらに詳しい動機を調べる。

捜査1課や原宿署によると、車は大阪ナンバーのレンタカーで、竹下通りの明治通り側入り口から約140メートル走り、ビルに激突して止まった。日下部容疑者は車を乗り捨て逃走。その際、近くにいた別の男性(19)の顔を殴りけがをさせた。

1日午前0時35分ごろ、渋谷区代々木神園町の代々木公園内で警察官が職務質問し、犯行を認めたため身柄を確保した。「アクセルを踏み続けた」と説明しているという。

車内からは灯油が入ったポリタンクと高圧洗浄機が見つかった。同容疑者は「灯油で車ごと燃やし、それができなければ人をひこうと思った」とも話しており、同課は灯油などを積んでいた目的を調べる。

現場はJR原宿駅前の道路で、服飾店や飲食店が立ち並ぶ繁華街。普段は一方通行だが、人混みが予想されることから、12月31日~1月1日は車両進入禁止となっていた。

軽自動車が歩行者を次々にはねた現場に残された前部が破損した車両=1日未明、東京都渋谷区

軽自動車が暴走し歩行者を次々はねる事件で騒然とする竹下通り=1日未明、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪