皇居に平成最多15万人=天皇陛下「良い年に」-在位中最後の新年一般参賀

社会

平成最後となる新年一般参賀が2日、皇居で行われた。宮内庁によると、参賀者数は計15万4800人に上り、平成最多だった昨年(計12万6720人)を上回った。天皇陛下は皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら皇族方と共に宮殿・長和殿のベランダに例年より2回多い計7回立ち、参賀者に手を振って応えられた。

天皇陛下は「晴れ渡った空の下、皆さんと共に新年を祝うことを誠に喜ばしく思います。本年が少しでも多くの人々にとり、良い年となるよう願っています。年頭に当たり、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とあいさつした。

天皇、皇后両陛下が一般参賀で国民の前に姿を見せるのは、4月30日の退位前では今回が最後。宮内庁は、退位後の来年の新年一般参賀には上皇、上皇后として出席することを検討している。

新年一般参賀でベランダに立つ回数は2009年に7回から5回に減り、その後も毎年5回だった。今年は大勢の参賀者が皇居を訪れたため、午後になって2回追加された。7回目は、門をくぐっても両陛下や皇族方が姿を見せる場面に間に合わなかった人たちのためにという両陛下の意向で、急きょ設定された。

新年の一般参賀で、訪れた人たちに手を振られる天皇陛下と皇后さま=2日午前、皇居

新年の一般参賀で、訪れた人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下と皇族方=2日午前、皇居

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室