「救助妨害の威嚇」と非難=韓国が反論動画公表-レーダー照射問題

政治・外交

【ソウル時事】海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省は4日、日本の主張に反論するために作成した動画を公開した。この中で、「クァンゲト・デワン艦(韓国駆逐艦)は、日本の哨戒機に向け射撃統制追跡レーダー(STIR)を照射しなかった」と重ねて否定。「哨戒機は、人道主義的救助作戦中の艦艇に対し、非紳士的な偵察活動を続け、救助作戦を妨害する深刻な威嚇行為をした」と非難した。

韓国国防省の崔賢洙報道官は記者会見し、日本に対し、「事実歪曲(わいきょく)」の中止と「低空飛行」への謝罪を改めて要求した。韓国側が本格的な反論に踏み切ったことで、日本との対立がさらに深まるのは必至だ。

動画は4分26秒の長さで、韓国語版に続き英語版が公開された。音響効果付きで、大部分は日本の防衛省が公表した哨戒機撮影の映像を使用。ごく一部に韓国海洋警察が撮影した哨戒機の飛行映像も含まれている。韓国駆逐艦が受信した哨戒機の通信内容も公表した。

哨戒機の飛行高度(150メートル)は国際法的に問題なかったとする日本の主張に対し、「国際民間航空機関(ICAO)の規定は軍用機には適用されない」として、「日本は国際法を恣意(しい)的に歪曲し、解釈している」と反論。「日本はこの事案を政治的に利用せず、実務協議を通じた事実確認手続きに入るべきだ」と訴えた。

韓国政府は3日の国家安全保障会議常任委員会で、この問題を話し合い、「正確な事実関係に基づき、必要な措置を講じる」ことを決めた。韓国紙は、知日派の李洛淵首相が2日に開かれた内部会議で、同問題などに関し、積極的対応を指示したと伝えている。

◇韓国動画字幕の主な内容

韓国国防省が4日公開した動画の字幕の主な内容は次の通り。

一、日本の哨戒機はなぜ、人道主義的救助作戦の現場で低空、威嚇飛行をしたのか?

一、日本は国際法を順守したと主張しているが、果たして事実だろうか?

一、クァンゲト・デワン艦(韓国駆逐艦)は日本の哨戒機に向け射撃統制追跡レーダー(STIR)を照射しなかった。

一、日本の哨戒機の通信内容は明確に聞こえなかった。

一、日本は威嚇的な低空飛行について謝罪しなければならない。

一、日本はこの事案を政治的に利用せず、実務協議を通じた事実確認手続きに入るべきだ。

韓国国防省が4日に公開した動画の一部。「人道的救助作戦が進行する中、日本の哨戒機が低高度で進入した」との字幕が付いている(同省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 安保・防衛(政治面) 韓国