金子JR東海社長:最高時速360キロで試験走行=輸出にらみ性能アピール

経済・ビジネス

JR東海の金子慎社長はインタビューに応じ、2020年度に運転を開始する最新型の新幹線「N700S」について、「時速360キロの試験走行を行う」と明らかにした。海外輸出を目指し、新幹線の性能アピールにつなげたい考えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般