大間のマグロ、3億3360万円=豊洲初競り、超高値スタート

経済・ビジネス 社会 暮らし

東京・豊洲市場(江東区)で5日早朝、開場後初となる新春の初競りが行われた。青森県大間産のクロマグロ(278キロ)に3億3360万円の史上最高値が付いたほか、国産ウニが過去最高値に並ぶご祝儀相場となるなど、幸先の良いスタートを切った。

午前5時10分、注目された生マグロの競りが鐘の音の合図で開始。この日1番のマグロを狙う仲卸と、競りに参加する権利を持つすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(木村清社長)の一騎打ちとなった。

互いに譲らず競り値は上昇し、築地市場(中央区)で最高値だった1キロ当たり70万円を突破。喜代村が同120万円で競り落とし、自らが持つ2013年の1億5540万円の記録を倍値以上で更新した。木村社長は「良いマグロを手に入れられて満足だが、こんなに高値になるとは」と驚きも隠さなかった。

マグロの競り直前、視察に訪れた小池百合子都知事は、業界関係者を前にあいさつに立ち、豊洲市場について「食生活や物流などが大きく変わる中で、立派な中核市場として育てていきたい」と期待を込めた。

マグロだけでなくウニも最高値。北海道産が1枚(約300グラム)当たり20万円を付け、豊洲開場日の昨年10月11日に記録した最高値に並んだ。このほかアジやブリなどの鮮魚類も、入荷が少なくやや高値となった。

豊洲市場の初競りで、3億3360万円の史上最高値で競り落とされた青森県大間産のクロマグロ。すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村が落札し、店頭で木村清社長がクロマグロを披露した=5日午前、東京・築地

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 東京 食=美食・食の安全 マグロ 豊洲市場 魚介類