東京消防庁が出初め式=新型はしご車お披露目

政治・外交 暮らし

東京消防庁の出初め式が6日午前、東京都江東区の東京ビッグサイトで行われた。職員や災害時支援ボランティアら約2800人と、消防車約150台、ヘリコプターや消防艇などが参加。新型はしご車による消防活動の実演などを行った。

新型はしご車は、はしご上部のバスケットを大型化し、人を乗せた車椅子を収容できるようになった。首都直下地震を想定した消防活動実演で、新型車がビルから車椅子の人を救助した。

このほか、消防車と消防艇による一斉放水や、高さ約6メートルのはしごの上で、法被姿の男性が行う伝統演技「はしご乗り」も披露された。

村上研一消防総監は式辞で、今年予定されている皇位継承行事や東京五輪・パラリンピックのテストイベントなどに触れ、「『セーフシティ東京』実現のため、万全な災害対応体制を構築する」と述べた。

東京消防庁の出初め式に登場した、車いすに対応した新型のはしご車=6日午前、東京都江東区

東京消防庁の出初め式で披露された江戸消防記念会の「はしご乗り」=6日午前、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 防災政策・災害対策