出国税適用を開始=航空券に1000円上乗せ

政治・外交 暮らし 旅と暮らし

日本からの出国時に1人1000円を課す国際観光旅客税(出国税)の適用が7日、始まった。政府が目指す観光立国に向け、訪日外国人旅行者(インバウンド)の受け入れ体制を強化するための財源を確保するのが狙い。年500億円が見込まれる税収は、出国手続きの迅速化や観光地整備に使う。

出国税は、国籍を問わず日本を出国する人が納めるもので、航空券の購入代金などに上乗せされる。2歳未満の子どもや、入国24時間以内に出国する乗り継ぎ便利用者、天候などによりやむなく立ち寄る人は徴収されない。7日より前に代金を支払えば対象外だが、発券済みでも同日以降に出国日を決めた場合は納税する義務が生じる。

訪日外国人旅行者数3000万人到達の記念セレモニー=2018年12月18日、関西国際空港

訪日外国人旅行者でにぎわう関西国際空港第1ターミナル=2018年11月22日、大阪府泉佐野市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 税制 訪日外国人 観光政策