山手線で自動運転試験=加減速、乗り心地確認-JR東

社会

JR東日本は7日未明、終電後の山手線で自動列車運転装置(ATO)を使った試験走行を報道陣に公開した。社員らが加減速や乗り心地を確認し、実現に向けさらに開発を進めるという。

JR東によると、山手線での試験は3回目で、車両はE235系の11両編成を使用。7日午前1時50分ごろ、東京都品川区の大崎駅を出発し、距離34.5キロの山手線外回りを2時間余りかけて2周した。1周目は定刻通り、2周目は遅れが発生したという想定で、速度を上げて遅れを回復する運転を試した。

運転士は出発時にボタンを押すだけで、加速や減速、ホームでの停止は自動的に行われた。最高時速は約80キロに達し、先頭車両に乗り込んだJR東の社員らが運転状況を注視。駅に到着するたび所要時間が車内でアナウンスされていた。

自動運転の走行試験を行ったJR東日本の山手線車両=7日午前、東京都品川区の大崎駅

自動運転の試験走行を行う山手線の運転席=7日午前、東京都豊島区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

鉄道 時事通信ニュース 運輸・交通 JR JR東日本