クイーンのブライアン・メイさん、辺野古中止訴え=「サンゴ礁破壊止めて」

社会 文化

伝説的な英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天文学者のブライアン・メイさん(71)は日本時間7日未明、インターネット交流サイト(SNS)を通じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の工事中止を求め、ホワイトハウスの嘆願サイトでの署名を呼び掛けた。

メイさんはツイッターなどで「沖縄のかけがえのないサンゴ礁の破壊を止めるために署名する最後のチャンスだ」と投稿。「米軍基地拡張により脅かされている美しいサンゴ礁とかけがえのない生態系を守るために署名を」と訴えた。日本時間7日昼の時点で約8000件リツイートされている。

英ロックバンド「クイーン」のギタリストで天文学者のブライアン・メイさん=2018年12月、米メリーランド州ローレル(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 芸能 環境・生物・自然 沖縄 米国