9日からオランダ・英国訪問=経済連携など協議-安倍首相

政治・外交

菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、安倍晋三首相が9~11日の日程でオランダと英国を訪問すると発表した。メイ英首相とは現地時間10日午後(日本時間11日未明)に会談し、英国の欧州連合(EU)離脱や、11カ国による環太平洋連携協定(TPP11)への参加などについて意見を交わす。

菅氏は首相の訪問目的について「(6月に大阪で開かれる)G20(20カ国・地域首脳会議)に向けた協力、北朝鮮情勢を含む重要な共通課題についての緊密な連携を確認する」と述べた。

英国滞在中、安倍氏は今秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本開催を見据え、「ラグビーの聖地」と呼ばれるロンドン郊外のトゥイッケナム競技場を訪問。オランダのルッテ首相とは9日午後(日本時間10日未明)に会い、経済分野の協力強化を確認する。安倍氏のオランダ訪問は2014年3月以来、英国訪問は17年4月以来。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交