自動運転、続々=IT家電もアピール-米見本市

経済・ビジネス

【ラスベガス時事】米ネバダ州ラスベガスで開かれる世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕に先立ち、大手電機・自動車メーカー各社が7日、記者会見を開いた。自動運転車などの発表が相次ぎ、最先端のIT機器やいつでもインターネットにつながる生活での利用をアピールした。

トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」のセダン「LS」をベースにした新型の自動運転実験車を披露。歩行者を含めた車両の周辺環境の認識能力を高めた。開発した米子会社トヨタ・リサーチ・インスティテュートのプラット最高経営責任者は「自動運転機能などの開発をさらに加速させる」と語った。

自動車関連では、家電メーカーの存在感が高まっている。パナソニックは、米二輪車大手ハーレーダビッドソンとの協業を発表。ハーレーが8月に発売する初の電動バイクに通信機能を提供し、スマートフォンのアプリでバッテリー残量など車両の状態を確認できるようにする。韓国サムスン電子も音声対応の人工知能(AI)を搭載した新たな車載システムを紹介した。

トヨタ自動車が公開した新型の自動運転実験車=7日、米ネバダ州ラスベガス

米二輪車大手ハーレーダビッドソンが発売する初の電動バイク。パナソニックが通信機能を提供する=7日、米ネバダ州ラスベガス

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 米国