「ワンピース」像、うちにも=漫画キャラ、市町村が争奪戦-「被災地に元気を」熊本

社会 文化

人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主要キャラクター「麦わらの一味」の像を設置する計画が熊本県で進んでいる。熊本地震の復興支援策の一環で、設置場所は県と出版元が決めるが、「人気作品の力で住民を元気づけたい」と31市町村が争奪戦を繰り広げている。

同作品は「海賊王」を目指す主人公「ルフィ」と「麦わらの一味」と呼ばれる仲間の活躍を描く少年向け漫画で、単行本の累計発行部数は4億4000万部を超える。熊本市出身の作者尾田栄一郎さんは地震後、イラスト提供や計8億円の寄付などで故郷を支援し、県民栄誉賞も授与された。

県はルフィの像を県庁敷地内に設置し、2018年11月の除幕式には約1500人のファンが訪れた。他の仲間8人の像は県内各地に建てることになり、希望する市町村を募った。

これに全体の7割近い31市町村が名乗りを上げた。設置場所には「復興につながるストーリー」「設置後の活用策」などが求められるが、県は具体的な選定基準を明かしていない。地震から3年となる19年4月ごろまでに決めたい考えだ。

応募自治体の間では、被害の大きかった地域は選定されるとの見方が強く、他の市町村は知恵を絞る。上天草市は、船を模した展望台がある公園に設置を計画。「天草の海が一望できる場所。船上でコックをしている『サンジ』にぴったり」(堀江隆臣市長)とアピールする。

南小国町は「霧が立ち込める町内の瀬の本高原こそ、霧の中から初登場した『音楽家ブルック』にふさわしい」と提案した。観光客誘致の起爆剤としての期待も大きく、自治体は地元の名所とキャラクターを絡めた売り込みに心を砕いている。

震災の傷痕は深く、阿蘇市では鉄道や国道の寸断が解消されていない。同市の秦美保子観光課長は「学生は朝早くから代行バスで通学し、観光客数は落ち込んでいる。市民を明るくする力が欲しい」と像の設置を訴えた。

尾田栄一郎さんが熊本地震からの復興支援のため提供した人気漫画「ONE PIECE」のイラスト(熊本県提供)

熊本県庁敷地内に設置された「ルフィ」の像=2018年11月30日、熊本市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 九州 熊本市