増税にらみ「第三」で火花=ビール大手の19年計画

経済・ビジネス

ビール大手4社の2019年の販売計画が10日、出そろった。サッポロビールを除く3社がビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)の販売増を見込む。若者のアルコール離れなどで市場は年々縮小。さらに10月の消費税増税を控える中、各社は低価格の第三のビールに力を入れ、顧客獲得を目指す。

キリンビールは昨年3月に発売し、大ヒットした第三のビール「本麒麟」を今月中旬に刷新する。同社は販売拡大のため次々と新商品を投入してきたが、「ことごとくうまくいかなかった」(布施孝之社長)という。このため、既存商品の風味やデザインを改良し、息の長い人気商品に育て上げたい考え。

一方、本麒麟に押され第三のビールが昨年苦戦したアサヒビールは「ビールに近い飲み応え」(平野伸一社長)が売りの新商品「アサヒ 極上〈キレ味〉」を月内に発売。独自の醸造技術などで味を磨き、巻き返しを図る。

サントリービールやサッポロも第三のビールで新商品を投入し、顧客の節約志向に対応する構えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など