日韓、シンガポールで協議=レーダー照射問題、平行線のまま

政治・外交

【ソウル時事】海上自衛隊P1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダー照射を受けた問題で、韓国国防省は14日、日韓防衛当局がシンガポールで実務者協議を開催したと明らかにした。日本の防衛省幹部は「双方の認識の隔たりを解消するには至らなかった」と述べ、議論は平行線をたどった。午前には韓国大使館で、午後には日本大使館で協議した。

岩屋毅防衛相はこれまで、海自が保有するレーダー波の傍受記録を、実務者協議で韓国側データと交換することを示唆しており、日本側が証拠として提示した可能性がある。これに関して、防衛省は取材に対し、データ提示の有無については「協議中のため」として明言を避けた。次回協議も未定という。

一方、韓国国防省は「双方は低空威嚇飛行など重要な争点に対する事実関係と自国の立場を詳しく説明し、相手国の理解を高めた」と発表。ただ、軍関係者は韓国メディアに、日本側が電波情報を公開せず「(日本側が収集した)一部データと(駆逐艦の)レーダー情報全体の交換を要求してきた」と述べた。韓国側は専門家による「相互検証」を提案したとされる。

海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国海軍の「クァンゲト・デワン」級駆逐艦(防衛省提供)海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した韓国海軍の「クァンゲト・デワン」級駆逐艦(防衛省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国