海賊版遮断、通常国会断念=法制化に反対論根強く-政府

政治・外交

政府は、漫画やアニメなどを権利者に無断で公開する「海賊版サイト」対策をめぐり、インターネット接続業者(プロバイダー)が強制的にアクセスを遮断する閲覧防止措置(ブロッキング)の法制化を先送りする方針を決めた。憲法が保障する「通信の秘密」を侵害しかねないとの反対論が根強いためで、今月下旬召集の通常国会への関連法案提出を断念した。

知的財産戦略を所管する平井卓也科学技術担当相は15日の記者会見で、海賊版対策に関し「できることから着実にやっていく。目的はブロッキングの法制化ではない。この国会ではその法律は出さない」と表明した。

平井卓也 科学技術担当相平井卓也 科学技術担当相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 電気通信政策