日ロが次官級協議=領土問題中心

政治・外交

【モスクワ時事】日本とロシアによる平和条約締結に向け、外務省の森健良外務審議官は15日、モスクワのロシア外務省でモルグロフ外務次官と会談した。22日に日ロ首脳会談を控え、14日の外相会談で双方の立場の違いが鮮明になった北方領土問題を中心に協議したとみられる。

森氏は会談後、「外相会談で議論が白熱した点について互いに補足説明したり、考え方について疑問をぶつけたりした」と記者団に説明。「反論する必要があるときは、われわれの立場を明らかにした」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア