18年訪日客、3119万人=「4000万人」目標の達成視野

政治・外交

日本政府観光局は16日、2018年の訪日外国人数(推計値)が前年比8.7%増の3119万1900人だったと発表した。相次ぐ自然災害の影響で年後半に伸び悩んだが、格安航空会社(LCC)の増便などを背景に6年連続で過去最高を更新した。東京五輪・パラリンピックの観戦客らで大幅増が見込まれる20年に4000万人へ増やす政府目標の達成が視野に入った。

観光庁の田端浩長官は16日の記者会見で、4000万人目標に向けて「訪日客が全国どこでも快適に観光できるように通信、交通、決済環境を整備するなど政府一丸、官民一体で取り組みたい」と述べた。

18年の訪日客数を国・地域別にみると、中国が13.9%増の838万人でトップだった。2位の韓国は5.6%増の753万人、3位の台湾は4.2%増の475万人。いずれも、夏以降に日本国内で相次いだ自然災害の影響で伸び悩んだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 オーストラリア 中国 韓国 ロシア 台湾 米国