稀勢の里「一片の悔いもない」=引退、年寄「荒磯」襲名-大相撲

スポーツ

大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が16日、東京・両国国技館で引退会見に臨み、「横綱として期待に応えられなかったことに悔いは残るが、自分の土俵人生において一片の悔いもない」と心境を述べた。

昨年九州場所後に横綱審議委員会から「激励」の決議を受け、初場所には進退を懸けて臨んだ。初日から3連敗に終わったものの、「これで駄目ならという気持ちがあるぐらい、良い稽古をしてきた」と振り返った。

新横綱で臨み2度目の優勝を果たした2017年春場所では左胸などを大けがした。「徐々に良くなってきたが、けがをする前の自分に戻ることはできなかった」と涙ながらに話した。横綱昇進後に続いた苦しい時期には「このまま潔く引退するか、ファンの人たちのために相撲を取るか、稽古場で自問自答していた」と胸の内を明かした。

日本出身横綱として大きな期待を背負ったことは「あの声援の中で相撲を取るのは本当に力士として幸せだった」と受け止めた。

今後は年寄「荒磯」として後進を指導する。「一生懸命に相撲を取る、けがに強い力士を育てていきたい」と語った。

引退記者会見で涙を拭う大相撲の横綱稀勢の里=16日午後、東京・両国国技館引退記者会見で涙を拭う大相撲の横綱稀勢の里=16日午後、東京・両国国技館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 相撲 スポーツ