米国防長官代行、新大綱を歓迎=岩屋防衛相、レーダー照射を説明

政治・外交

【ワシントン時事】岩屋毅防衛相は16日午後(日本時間17日未明)、シャナハン米国防長官代行とワシントン近郊の国防総省で約1時間半、会談した。昨年末の新たな防衛大綱と中期防衛力整備計画の策定について、シャナハン氏は「自らの役割の拡大を図る決意を示したことを歓迎する」と支持を表明。岩屋氏は韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射について説明し、日米韓の連携に支障を来さないよう対応する考えを伝えた。

シャナハン米国防長官代行との会談を終え、記者会見する岩屋毅防衛相=16日午後、米ワシントンシャナハン米国防長官代行との会談を終え、記者会見する岩屋毅防衛相=16日午後、米ワシントン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国 米国