自殺者9年連続減=2万598人、37年ぶり低水準-厚労省

政治・外交 社会

2018年の自殺者(速報値)は前年より723人(3.4%)少ない2万598人となり、9年連続で減少したことが18日、分かった。厚生労働省が警察庁の統計を基に公表した。2万1000人を下回るのは37年ぶり。ピークだった03年(3万4427人)の6割弱まで減った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 労働・雇用行政 警察・治安