イプシロン4号機打ち上げ成功=「人工流れ星」衛星など搭載-JAXA

科学 社会 技術

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前9時50分、人工的に流れ星を発生させる小型衛星など7基を搭載した固体燃料ロケット「イプシロン」4号機を、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。

イプシロンに複数の衛星が搭載されたのは初めて。4号機は打ち上げ約50分後にメインの「小型実証衛星1号機」(RAPIS-1)を高度約500キロの軌道に投入。その後残り6基も予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。

RAPIS-1は重さ約200キロ。宇宙利用拡大に向け、JAXAが民間企業などから公募したさまざまな部品を載せ、実際に宇宙で使えるかどうかなどを試す。

このほか民間企業や大学が開発した重さ68キロ~1.3キロの6基も搭載された。東京のベンチャー企業「ALE(エール)」が開発した「ALE-1」は、周回軌道上から金属球の「流れ星のもと」を放出し、人工的に流れ星を作る。来年春に広島県・瀬戸内地域の上空に流星を降らせる実験を行い、エンターテインメント事業の可能性を探る。

打ち上げられるイプシロン4号機=18日午前、鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所打ち上げられるイプシロン4号機=18日午前、鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 九州 鹿児島県