通常国会28日召集を伝達=参院選「7月21日投開票」軸-政府

政治・外交

菅義偉官房長官は18日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会に出席し、通常国会を28日に召集することを伝達した。会期は6月26日までの150日間。これを受け、夏の参院選は「7月4日公示、同21日投開票」の日程が軸となる。国会では毎月勤労統計問題などをめぐり、激しい論戦が展開されそうだ。

菅氏は、2018年度第2次補正予算案と19年度予算案を召集日に提出する方針も伝えた。野党側が統計問題で関連資料の早期提出などを要求したのに対し、「非常に重大な問題で原因究明、再発防止に全力を尽くす」と語った。

衆院議運委理事会では、安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説を28日に行い、これに対する各党代表質問は30、31両日に実施することを決定。参院代表質問は31日、2月1日の見通しだ。

菅義偉官房長官(右奥)が出席した衆院議院運営委員会理事会=18日午前、国会内菅義偉官房長官(右奥)が出席した衆院議院運営委員会理事会=18日午前、国会内

与野党国対委員長会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(左)と立憲民主党の辻元清美国対委員長=18日午前、国会内与野党国対委員長会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(左)と立憲民主党の辻元清美国対委員長=18日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 選挙