「たけくらべ」に2100万円=樋口一葉の自筆原稿が競売

社会 文化

近代文学史に名を残す女性作家、樋口一葉(1872~96年)の小説「たけくらべ」の自筆原稿が19日、東京都内のオークションに出品され、2100万円で落札された。落札者は地方在住のコレクターの男性で、予想入札価格の1000万~1500万円を大きく上回った。

出品されたのは400字詰め原稿用紙75枚がとじられた和装本で、展示会などでその存在は知られていた。主催した毎日オークション(東京都江東区)によると、一葉没後は美術商が所蔵し、さらに別の個人の手に渡っていたという。

オークションに出品された「たけくらべ」自筆原稿の冒頭部分(毎日オークション提供)オークションに出品された「たけくらべ」自筆原稿の冒頭部分(毎日オークション提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 東京都