男性世界最高齢、野中正造さん死去=113歳、ギネス認定-北海道足寄町

社会

世界最高齢の男性だった北海道足寄町の野中正造(のなか・まさぞう)さんが20日、死去した。113歳だった。北海道出身。葬儀は23日、同町茂足寄159の自宅で。喪主は孫の祐子(ゆうこ)さん。

野中さんは1905(明治38)年7月25日生まれ。昨年4月、世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社に認定され、自宅でもある同町の温泉旅館で公式認定証を授与された。

阿寒摩周国立公園内にある温泉旅館の2代目で、祐子さん、義理の娘徳子さんとの3人暮らし。祐子さんによると、風邪も引かず元気に過ごしていたが、20日午前1時すぎ、添い寝していた親族が正造さんが息をしていないことに気付いた。

世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社から認定された野中正造さん=2018年4月10日、北海道足寄町世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社から認定された野中正造さん=2018年4月10日、北海道足寄町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 社会一般