金銭問題は「解決済み」=小室さんが見解公表

社会

秋篠宮家の長女眞子さま(27)と婚約内定中の小室圭さん(27)が22日、母佳代さん(52)と元婚約者の男性(69)の金銭問題に関する週刊誌報道について、「(問題は)解決済みの事柄と理解していた」などとする見解を、代理人弁護士を通じて文書で公表した。

小室さん側が金銭問題について見解を明らかにしたのは初めて。秋篠宮さまは昨年11月の記者会見で、「今でも二人が結婚したい気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだ」と小室さん側に求められていた。

文書によると、佳代さんと男性は2010年9月に婚約。12年9月に婚約解消の申し入れがあるまでの2年間、金銭支援を受けた。佳代さんは清算する意向を伝えたが、男性は「返してもらうつもりはなかった」と説明した。金銭問題は全て解決済みだと確認したとしている。

小室さんは18年8月から米ニューヨークのロースクールに留学中。小室さんは「私が明確な説明をしてこなかったことで多くの方々に迷惑を掛け、心苦しく感じている」とし、「私も母も元婚約者から支援を受けたことは今も感謝しており、元婚約者から理解を得られるよう努めたい」と記した。

関係者によると、今回の文書の公表は、秋篠宮さまの誕生日会見での発言がきっかけになった。文書の内容については、眞子さまも事前に把握していたという。

小室圭さん小室圭さん

秋篠宮家の長女眞子さま秋篠宮家の長女眞子さま

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室